八王子市障害者療育センター 本文へジャンプ
活動報告

活動の紹介です

外出

希望する全てのご利用者さまのニーズや季節に合わせて外出をおこなっています。外出の際にはご利用者さまの体調、天候に配慮しています。行き先として、近隣の公園やスーパー、美術館・図書館・工場・プール・体育館等に車や電車を利用してお連れしています。また、個別の外出だけではなく、グループ毎に年度末外出などを企画、実施しています。

 外出によって、ご利用者さまは地域の方を知ることができ、地域の方もご利用者さまを知る機会ができます。お互いを知ることで、ご利用者さまの社会性が育まれ、地域で暮らしている障害を持った方の理解を深め、地域の方との関わりを持つことができています。


レクリエーション

音楽や体操、ゲーム(借り物競走・障害物競走など)、スポーツ(ボーリング・風船バレー・室内プールなど)、など遊びを取り入れながら身体を動かし、喜びや爽快感、達成感を味わい、みんなと楽しんでいます。また、リラクゼーション活動の一つとしてスヌーズレンを提供しています。スヌーズレンでは、円盤カセット、バブルユニットやサイドグローを用い、心地よい感覚刺激(光、音楽、触感、香りなど)を提供し、それらを楽しみながらリラックスしています。

通常のサービス提供の時間枠で行われる活動は、パーソナルサービスを基本とし、個別的に思案されたコミュニケーション法を軸にあらゆる利用者ニーズの的確な把握と迅速な利用者ニーズの充足を基本とするものです。


創作活動

創作活動では、四季に応じた作品を作成することで、季節感を味わっていただけるようにしています。また、おひとりおひとりに合った機能を活かしたり、色々な感触を味わっていただき、様々な感覚を刺激することで、身体機能の維持・向上も目指しています。そして、作品作りを通して出来上がる喜び、楽しさを感じていただけるような経験をしていただき、作品を家庭に持ち帰ることにより、家庭とのつながりも大切にしています。